第33話  水のミステリー   岩井笙韻

さて、一頃水に関して、とても面白いことが話題になりました。それは、


水の入ったボトルに<愛>とか<感謝>とか書いた文字を貼っておくだけで、水の味は良くなり、結晶もきれいなものが出来る。

水は人の思いに影響を受ける。

良い音楽を聴かせても水の味は良くなり、健康にも良い。

電子レンジや、パソコンの近くにあって、電磁波を受け、結晶の破壊された水も良い想念を送るだけで元通りになる。



と言ったものです。

書籍で代表的なものは、
 

水は答を知っている 江本勝著


から始まる一連の書物です。これは、実験として、小学校でも行われたり、その事がテレビにも出ました。

 これに対して、科学の立場からの反論もすさまじく代表的なものとしては、
 

水はなんにも知らないよ  佐巻健男


を筆頭に、様々。

 これが事実で、もしも、水が人の想念を吸い込んで、体や心に良い水になったり悪い水になったりしたら大変ですね。そうなったら、根暗なウェイトレスが水を運んでくるレストランに入ったらダメです。

「いらっしゃいませ~~~。」

と、幽霊のようにささやき、持ってくる水は全てたっぷりと暗黒の想念が染み渡っている。飲んだ後で気分が悪くなるは、友達と険悪な関係になるはで、客の人生は奈落の底へ・・・。

 でも、そこまでの話は聞いたことない。そうか!飲んだ人がネアカということもありうるな。それに、自分の体も70%は水だし。飲んだ水は100ml。

 こんな事、考えてみても分かりません。

しかし、少しでも修行したものにはすぐ分かるのよ!瀧行の水はどんなで、十和田湖の水はどんなで、水たまりの水はどんなで、水道の水はどんなで、どこそこのホテルの風呂の水はどんなで・・・。

 結果をお伝えします。水は確かに、想念の影響を受けます。間違いありません。

先に挙げた、科学的反論に間違えはないのですが、科学が傲ってはいけません。まだまだ人間の感の方が正しいのです。江本氏が自分で出した結果を、予想外な方向に持ち上げすぎるからいけないのです。水は色即是空、空即是色です。論より証拠。私の所に来てくれれば、コップに入った同じ水を簡単に味を良くしたりまずくしたりしてご覧に入れます。別に手品ではありません。単純な人の念が水に影響するのです。

 行者は良くお祓いを依頼されることがありますが、その場合、実際に現地に行ってみて、注目するのは風呂の水の状態や、庭の池、井戸があるかどうか、埋まっていないかどうかなど。風水とか言うではないですか。巷で言われている風水は全て正しいとは思えませんが、その家の立地条件や環境における、風のながれ、水の流れは住む人に決定的な影響を与えます(最近では、鉄道の影響もすごい。線路際は電磁波の影響、極大です。心身不安定な人はご一報ください)。

 と言うことは第32話の、墨の問題も理解できますよね。

清く素晴らしい墨色を得ようと思ったら、<良い水>を使って墨をするべし。<良い水>とは、

1.流れている水

2.カルキ等の少ない水


流れている水をすることは出来ませんが、水の良い瀧から汲んできた水を、一昼夜以内にするのがよいと思います。それ以降は水の動きが止まります。又、水そのものは腐るわけではありませんが、その中の微生物が死んだり腐ったりして、水を悪くします。又、塩素等が良くないことは分かるでしょう。水道の水を使うときは短時間で良いからカルキをとばす。ただし、沸騰させたら良くないようです。しかし、肝心なのはそんな良い水を使ったとしても、

1.墨をするときに性格が暗いとダメ

2.心が不安定も良くない。


しかし、そんなこと言っても、何十年の暗さがいっぺんにとれるか?

まあいいです。無念無想で、あるいはその時は心穏やかにすってください。喧嘩した後なども良くないのですが、すっているうちに収まることもあります(そうしたら、もう一回すりなおした方が良いかも。余談になるが、夫婦喧嘩の後、奥さんが怒ったまま料理を作ったら、いくらか毒が入っていると思って間違いなし。いくらかどころではないかも。敢えて毒を盛る必要がないくらいか?)。

 そうそう、忘れていました。病気の時はどうなのか?恐らく体中の水分が悪くなっているのですから、それだけで知らないうちに心身の力が衰えています。だから、どんな良い水を使って墨をすっても、その自分のエネルギー低下が水に現れてしまうのでしょう。本当に体の具合が悪いと、性格が明るくてもなかなか大変です。逆に考えてみて、性格が明るいのに病気になったと言うことは病気の方が強いわけですから。

 最後にオチを一つ。以上のようなことからどんなことが副産物として分かるか?

副産物  どんな高級な水を買ってきて飲んでも、心が腐っていたら効き目はありま  せん。反対に、多少のカルキを含んだ水を飲んでも、心が明るければ、その水も体内で良い水になります。



追伸  最近書かねばならないことがたくさんあるのですが、ステップを踏まないと読んでも理解してもらえないかも知れないのです。しかし、今強く思ったいることの方が、読まれている方に届きますよね。そのあたりをどうしたらいいか?

 

体験入学・見学も随時受け付け中

漢字・かな(一般の部)、学生の部(子どもコース)の体験入学は随時受け付けております。
ご希望の方はお気軽にご連絡ください。

TEL 042-522-5085

お問い合わせフォームはこちら