静心書学会

基本から書作品まで、漢字・かなの書道教室|静心書学会

▲QRコード対応携帯電話をお持ちの方は上記のコードを読み取るだけで簡単に教室日程にアクセスが出来ます。

 

HOME»  書のプロムナード4

書のプロムナード4

第30話 私の選ぶ名著・名品1『白川静』松岡正剛著 岩井笙韻

題名がグリーンの時は、私が独断と偏見で選んだ名著名品、中には曲や人物まで入り込む可能性が。どんなものでも、人でも、景色でも、幽霊でも出会いは出会い。これを読まれtいる方にもおもしろそうなもの、参考になりそうなもの、頁をめくっただけで怖くて眠れなくなりそうなもの、いかがわしくて目が離れないものなど、思いついたものは掲載します。

 さて第1回目は今、予想外に売れている新書の一冊。白川静氏は昨年96歳でなくなられた、文化勲章受賞の漢字学者。何しろ、90歳を超えて、その探求心の旺盛さは若い者の遙か上を行き、日々の心得として「年中無休」と答えたというのだからスゴイの一言。

 私は篆書、特に古い方の金文が好きなのには理由があります。そこには甲骨文から始まり、まだ文字が命を持っていた時代の息吹があるからです。なんと言っても、文字を扱うと言うこと自体、王や巫女さんくらいしか許されていなかった。そこで、文字を金石に刻むと言うことは、重要な神事の一つなので、彫る者は大変位が高かったわけです。

 しかし、昔の金文の解読に関しては、諸説があって中国でも決定版はなく、まして日本では総合的な文字の解読は今世紀に入っても出来てはいませんでした。

 ところが小学卒から丁稚奉公を経て、出発する、およそ学者としては破天荒な経歴を持つ白川静が、ノーベル賞に値すると言われるほどに、中国を始め、世界中の評価を経て、世界一の漢字学者と言われるほどになるのです。

 本屋さんに言って、辞書売り場で『字統』と言う辞書を一度ごらんになったらいい。漢字一つ一つの由来が何千文字にわたって書かれています。まず大抵引き込まれてしまう。私の場合でも、詩文を金文に直すときに、この辞書は必携のものです。後の時代になればなるほど、漢字の数は増えていくので、金文にない文字も多く、そのようなときには自分で金文を創作しなければなりません。そんなときにこの『字統』が必需品となるのです。

 でも、そんなことでなくても面白いですよ。例えば、


<道>という文字にはどうして<首>がついているのか?

答  戦に勝った軍隊がその勝利を表すのと、進む道を清めるために戦に負けた部族の首を掲げてそれをお祓いにしながら進んだから。


びっくりしますね。こんな具合に楽しいのですが、なんと言っても、この白川先生、二十歳の頃に、万葉集と詩経を一緒に呼んだという豪傑なので、90歳になるころには膨大は著作を残しています。平凡社から出ている全集が30巻以上。私も数冊は持っていますが、まだ10冊は買うとしても、生きているうちに全部読みそうもないので、全巻を買おうとするといつも自分で渋ってしまうのです。

 ところが博覧強記の松岡正剛が、この全集に目を通して、白川静の全仕事を一冊の新書にまとめ上げてしまった!なんと恐ろしや。そしてこの本の面白いこと。松岡正剛という人はこれまたあらゆるジャンルに精通していて、良寛から全宇宙史に至るもで何でも語る人。その読書量の膨大さは、荒俣宏と良い勝負か?なんと言っても松岡正剛は自分のことを<編集者>と呼ぶくらいなので、どんな情報でも編集して解りやすく我々に提示してくれる。そして、今回の『白川静ー漢字の世界観』も非常に良いです。白川静の生い立ちから、その世界観に至るまで非常にうまく解説している。特に圧巻は、中国の呪術がかった時代の知識を元に、万葉集、柿本人麻呂の歌を解読するあたり(勿論、白川静が解読していることを、解りやすく見せてくれるのだが)。

 書を学ぶものは必見。書体の移り変わり、その元にある漢字の生い立ちは必要な知識です。780円。安いよ!!



追伸

松岡正剛はネット上で『千夜千冊』という書評を公開している。これが又すごく、毎日一冊の書評、一人の作家は必ず一冊のみ。それが千冊分貯まったので、それを又内容別に編集して出版したものを見た!これが平凡社の百科事典くらいある。しかも約十万円!実はこれも欲しい。その中には恐らく表題の千冊以外にも参考文献として何倍もの本の内容が書かれているはず。ちなみに私がその千冊の中で何冊読んでいるか数えたら(数えやすいように千夜千冊の虎の巻という、解説の又解説書まである)、125冊だった。まだまだだな。しかし、私だけの選択もあるからどう考えるべきか。

 

第31話  見渡せば分からないことだらけ   岩井笙韻

謎1.朝目が覚める。起きようと思うがまだ眠い。強引に起きるためには意志が必要だという。しかし、<意志>って何だろう?「起きるぞ!」と思ってもまだ横になっている。では「起きるぞ!」と思ったのは<意志>か?それが意志なら、何回意志を持ってもまだ起きていない。しかし、知らぬ間に起きている。それは、起きようと思った後で起きるのでなく、とにかく何となく起きている。その時に意志はあったのだろうか?私が起きたのはどんな心が働いたのか?(言っていることが分かりますが?)

謎2.爪を切る。爪は切る前は私の一部。しかし、切って捨てたらもう私ではない。私の体で棄てたりはずしたりして良いようなものはまだあるか?風呂でごしごし体をこすると垢がでる。垢は、こする前は私の皮膚だ。しかし、こすったらもう私ではない。しかも汚れ物扱いだ。何を無くしたら私でなくなるか?腕はどうか?腕がとれても私はここにいる。反対に、食べるものは私ではないが、それが血や肉になる。そうこうしているうちに、食べたり出したりしていると。一年も経てば体の細胞は相当入れ替わってしまう。それでも私は変わらずにこれが私だと思っている。では、私とは何だろう?

謎3.私の体とあなたの体は、組織としてはそんなに違いはない。極微の世界、分子を超えたら皆同じようなもの。それでも手を繋いでもくっついてしまわないのはどうしてか?二人の人間が手を繋いで寝て、起きてみたら手がくっついていたと言うことが起こらないのはどうしてだろう。

謎4.私は<美しい>というのがどんなことか知っている。二つのものを比較したらどちらがきれいか大抵は判断できる。しかし、美しいと言うことをどうやって覚えたのだろう。小さい頃、親に、こちらが美しくて、こちらが美しくない等と習ったことはない。そんなことをしなくても何が美しいかを知っていたような気がする。どうしてだろう?

謎5.テレビでラブシーンを見て、小さい子供がてれているのはどうしてか?

謎6.私は無限と言うことを理解できる。しかし、具体的には無限を想定できない。例えば、宇宙を考えても、その宇宙の外側を考えてしまう。無限の宇宙と言うことをイメージできない。では無限という言葉で司会したものは何だったのか?

謎7.会ったことのないお化けがどうして怖いのか?

謎8.死ぬことはどうして怖いのか?

謎9.食う寝る遊ぶだけでは寂しくなるのはどうしてか?人は実用にならないお茶、生花、書(実用にならない人が多い)にどうして向かうのか?

謎∞・・・・・・・・・・


少し立ち止まると、この世は謎に満ちている。しかし、そのどれにも答えられないのに誰も不安になることなく生きていけるのだ。子供の頃、親に、「どうしてこれは○○なの?」と言う風に沢山の質問をしたように思う。そして、満足のいくような答はなかなか返ってこなかった。今、幼子に同じような質問を受けても、やはり答えることのできない自分を感じる。反対に、自分が幼子のように、数え切れないくらいの疑問を持っていることに気付く。これが生きていくことを面白くする。これからも、このプロムナードで予想もしなかったような謎を提供していけたら面白いと思います。

 

第32話 墨のミステリー 岩井笙韻

私は小さい頃、よく父に墨をすらされていました。何でも子供が墨をすると、力が弱いから、おりた墨の粒子も小さくて良いのだそうです。今と違って、膠の入った墨汁がなかったので、墨汁では表具がうまく行かない。だから、大きな展覧会になると、相当の枚数書くことになるから、どうしても、墨をすっている時間がもったいないのです。

 しかし、そんなこと言ったって、子供は遊ぶのが仕事。私はそのころ小学一年~四年。ただで墨なんかするもんか。少なくても十円くらいはもらわないと(実際は30円くらいもらっていた。)ところが、ただすってばかりいたらすぐ厭きてしまう。当然漫画を読みながらのことです。で、主力は漫画、意識は80%漫画の方。その為の弊害は何か?そうです、時々せっかくすった墨をはねとばしてしまうのです。畳も服もヒョウ柄。硯が軽いときは最悪で、すった墨の大半をこぼしてしまうこともありました。それでも、一升瓶に貯まるくらいすったのだから、今から考えるとすごい分量ですね。

 そんな具合にいい加減にすっていても、それなりに知恵はついてくるもの。たとえば、するときに、押すときと引いたときではどちらが良くすれるか?父がすっているのを見ると、硯の中を墨を回すようにしてすっているがそれはどうしてか?墨と硯との接点がどんな感触になると濃くなっているか?などなど。結構墨をするのも難しいものなのです。

 最近では墨について、化学的なメスを入れたような本も出ていて、硯によるすれかたの違い(例えば、端渓と雨畑でどう違うか、など)や圧力によるすれかたの変化などさまざまなことが分析されていますが、その中に書いていない驚くべき事実があります。

 それは、




 

墨色は書いた人の体調を表す




ということです。

これは、父も私も同じようなことを経験していますが、普段から書いたものを見ている人の書を見たら、ある日突然墨色が悪く見えた。いつもよりも黒さが欠けているように見えた。そんなときにその人の目を見る。そして、目に輝きがうせていたら・・・、間違いなく一ヶ月以内に入院です。

 たいてい、聞いてみます。

「最近、体調が悪いなんていうことはないの?」

するとほとんどの場合、

「そんなことはありません。」

という言葉が返ってくる。

 ということは、体調不良を自覚する前に、墨の色が悪くなるということです。

 目の色は前からわかっていました。恐ろしいことをいうようですが、瞳の色がいつもよりも薄くなっていたら、命が危ないときです。病院に見舞いに行って、患者の目を見たときに、黒というよりもグレーに見えたらもう魂が半分抜けている。大抵は一週間です。これまで、外れたことはありませんでした。「俺の目が黒いうちは・・・」というのは正しいんですね。

 しかし、墨は一体どうしたことでしょう。

前にこの『書のプロムナード』で書いたように思いますが、顕微鏡で見たときに墨の粒子が見えます。その粒子は強い集中力のものでの意志に従って向きを変えます。つまり、意志の強い人が横に強い線を引こうとすると粒子もその方向を向くために、勢いのある線に見えるのです。<墨の色が悪い>ということはこれと同じ事を指しているのでしょうか?しかし、その実験では墨の色でなく、<墨の冴え>のような感じでした。

 これは後からわかったのですが、どうもこれは墨を乗せる<水>に関係があるのです。だから、本当の問題は<水のミステリー>なのです。で、次回は<水のミステリー>。(ただし、間に名作の紹介が入る可能性あり)

 

第33話  水のミステリー   岩井笙韻

さて、一頃水に関して、とても面白いことが話題になりました。それは、


水の入ったボトルに<愛>とか<感謝>とか書いた文字を貼っておくだけで、水の味は良くなり、結晶もきれいなものが出来る。

水は人の思いに影響を受ける。

良い音楽を聴かせても水の味は良くなり、健康にも良い。

電子レンジや、パソコンの近くにあって、電磁波を受け、結晶の破壊された水も良い想念を送るだけで元通りになる。



と言ったものです。

書籍で代表的なものは、
 

水は答を知っている 江本勝著


から始まる一連の書物です。これは、実験として、小学校でも行われたり、その事がテレビにも出ました。

 これに対して、科学の立場からの反論もすさまじく代表的なものとしては、
 

水はなんにも知らないよ  佐巻健男


を筆頭に、様々。

 これが事実で、もしも、水が人の想念を吸い込んで、体や心に良い水になったり悪い水になったりしたら大変ですね。そうなったら、根暗なウェイトレスが水を運んでくるレストランに入ったらダメです。

「いらっしゃいませ~~~。」

と、幽霊のようにささやき、持ってくる水は全てたっぷりと暗黒の想念が染み渡っている。飲んだ後で気分が悪くなるは、友達と険悪な関係になるはで、客の人生は奈落の底へ・・・。

 でも、そこまでの話は聞いたことない。そうか!飲んだ人がネアカということもありうるな。それに、自分の体も70%は水だし。飲んだ水は100ml。

 こんな事、考えてみても分かりません。

しかし、少しでも修行したものにはすぐ分かるのよ!瀧行の水はどんなで、十和田湖の水はどんなで、水たまりの水はどんなで、水道の水はどんなで、どこそこのホテルの風呂の水はどんなで・・・。

 結果をお伝えします。水は確かに、想念の影響を受けます。間違いありません。

先に挙げた、科学的反論に間違えはないのですが、科学が傲ってはいけません。まだまだ人間の感の方が正しいのです。江本氏が自分で出した結果を、予想外な方向に持ち上げすぎるからいけないのです。水は色即是空、空即是色です。論より証拠。私の所に来てくれれば、コップに入った同じ水を簡単に味を良くしたりまずくしたりしてご覧に入れます。別に手品ではありません。単純な人の念が水に影響するのです。

 行者は良くお祓いを依頼されることがありますが、その場合、実際に現地に行ってみて、注目するのは風呂の水の状態や、庭の池、井戸があるかどうか、埋まっていないかどうかなど。風水とか言うではないですか。巷で言われている風水は全て正しいとは思えませんが、その家の立地条件や環境における、風のながれ、水の流れは住む人に決定的な影響を与えます(最近では、鉄道の影響もすごい。線路際は電磁波の影響、極大です。心身不安定な人はご一報ください)。

 と言うことは第32話の、墨の問題も理解できますよね。

清く素晴らしい墨色を得ようと思ったら、<良い水>を使って墨をするべし。<良い水>とは、

1.流れている水

2.カルキ等の少ない水


流れている水をすることは出来ませんが、水の良い瀧から汲んできた水を、一昼夜以内にするのがよいと思います。それ以降は水の動きが止まります。又、水そのものは腐るわけではありませんが、その中の微生物が死んだり腐ったりして、水を悪くします。又、塩素等が良くないことは分かるでしょう。水道の水を使うときは短時間で良いからカルキをとばす。ただし、沸騰させたら良くないようです。しかし、肝心なのはそんな良い水を使ったとしても、

1.墨をするときに性格が暗いとダメ

2.心が不安定も良くない。


しかし、そんなこと言っても、何十年の暗さがいっぺんにとれるか?

まあいいです。無念無想で、あるいはその時は心穏やかにすってください。喧嘩した後なども良くないのですが、すっているうちに収まることもあります(そうしたら、もう一回すりなおした方が良いかも。余談になるが、夫婦喧嘩の後、奥さんが怒ったまま料理を作ったら、いくらか毒が入っていると思って間違いなし。いくらかどころではないかも。敢えて毒を盛る必要がないくらいか?)。

 そうそう、忘れていました。病気の時はどうなのか?恐らく体中の水分が悪くなっているのですから、それだけで知らないうちに心身の力が衰えています。だから、どんな良い水を使って墨をすっても、その自分のエネルギー低下が水に現れてしまうのでしょう。本当に体の具合が悪いと、性格が明るくてもなかなか大変です。逆に考えてみて、性格が明るいのに病気になったと言うことは病気の方が強いわけですから。

 最後にオチを一つ。以上のようなことからどんなことが副産物として分かるか?

副産物  どんな高級な水を買ってきて飲んでも、心が腐っていたら効き目はありま  せん。反対に、多少のカルキを含んだ水を飲んでも、心が明るければ、その水も体内で良い水になります。



追伸  最近書かねばならないことがたくさんあるのですが、ステップを踏まないと読んでも理解してもらえないかも知れないのです。しかし、今強く思ったいることの方が、読まれている方に届きますよね。そのあたりをどうしたらいいか?