立川の書道教室「静心書学会」

立川の書道教室「静心書学会」 | 基本から書作品まで、漢字・かなの書道教室

▲QRコード対応携帯電話をお持ちの方は上記のコードを読み取るだけで簡単に教室日程にアクセスが出来ます。

 

HOME»  コラム一覧»  【立川】書道教室で子どもが身につくこと 楽しい書道教室はいつから通い始める?

【立川】書道教室で子どもが身につくこと 楽しい書道教室はいつから通い始める?

立川にお住まいで、子どもの習い事として書道教室に興味をお持ちの方はいらっしゃいませんか?実際、書道教室に通ったらどのようなことが身につくのか、いつから始めるのが良いのか疑問に感じている方もいらっしゃると思います。

こちらでは、立川市に数多くある書道教室にいつから通うのがよいのか、どのようなことを身につけることができるのかをご紹介します。立川で子どもを書道教室に通わせようか迷っている方にも参考になる情報をお届けしますので、ぜひチェックしてみてください。書道教室で習うことは、子どもにとって生涯役立つことが多くあります。

子どもは書道教室にいつから通うのがおすすめ?

筆置きに置かれた4本の筆

書道教室は子どもにとって楽しい場所になるはずです。しかし、実際に書道教室は何歳から通わせたら良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。早ければ早いほどメリットがあるというわけでもありません。子どもにとって書道教室に通う適齢期があるのです。

書道教室にはいつから通うのがおすすめなのか、ポイントを確認していきましょう。

20~30分程度座っていられる

書道教室では、ある程度の時間は座ったままでいることが求められます。もちろん、子どもが何もしないでじっと長い時間座っていることが難しいのは当然です。書道教室では、小さい子どもであっても、字を真似て書くという目標をもてるので集中できるようになる子どもが多いのです。

字を読める

子どもが字を全く読めない状況では、書道教室を楽しむのは難しいでしょう。ひらがなをある程度読み書きできるようになってから通うことをおすすめします。

以上を総合して考えると、小学校入学前後が書道教室に通い始めるのに適した年齢と言えます。もちろん、子どもによって個人差はありますが、2020年より小学校1年生から「水書き」の書写授業が始まることを考えますと小学校入学くらいを目安に考えてみてください。

書道教室で子どもに身につくこと

墨をふくませた筆

子どもが書道教室で身につくことの1つは、字がきれいになることです。字を書く練習をする習い事なので、自然に身についていきます。また、字がきれいになる以外にも、様々なことを身につけることができます。

姿勢が良くなる

書道をするには、姿勢を良くする必要があります。そのため、ただ単に字の形を指導するだけではなく、書く姿勢も指導します。幼い頃から姿勢を正して書くクセがついていれば、日常生活でも姿勢は良くなるはずです。

集中力がつく

書道は、字を書き終わるまで集中する必要があります。そのため、必然的に数分間は深く集中する状態が作り出されます。年齢があがるにつれて集中できる時間も長くなり、日常生活や勉強をするときの集中力にも繋がってくることでしょう。また、集中して物事に取り組むということは、忍耐力を育むことにも繋がります。

礼儀が身につく

書道を行う際は、講師への挨拶など礼儀作法も習えます。幼い子どもの場合は、習い事として習慣づければ吸収もしやすいでしょう。書道教室で学んだ礼儀作法は、大人になってからも役立つ場面が多いはずです。このように、書道教室に通うことで得られるメリットはたくさんあります。

楽しい書道教室!立川で丁寧な指導を心がける静心書学会

子どもが書道教室に通うことを考えたときに、「いつから通うのが良いのか」「どのようなことを身につけることができるのか」などをご紹介しました。書道教室は、決して字をきれいに書けるようになるだけの楽しい習い事ではなく、生涯にわたって役立つ人間性を身につけることができます。立川で書道教室に通わせようか迷っている場合は、まず体験教室に参加してみるのもおすすめです。

立川で書道教室をお探しでしたら、親身な指導を心がけている静心書学会をご利用ください。小・中・高校生を対象にした楽しい書道教室(コース)をご用意しています。ご質問などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

立川にある書道教室に子供を通わせるなら静心書学会へ

名前 静心書学会
住所:立川教室(本部) 〒190-0023 東京都立川市柴崎町2丁目3-13
TEL 042-522-5085
FAX 042-528-0025
URL http://www.seisin-syodo.jp/